30年診療報酬・介護報酬同時改定に向けた最新情報と事例

開催日:2017-11-01(水) 13:30~16:00

講師:
東日本税理士法人
代表社員
長 英一郎 氏

略歴:
東日本税理士法人 代表社員 所長 公認会計士 税理士 多摩大学大学院 客員教授 診療報酬請求事務能力認定試験有資格者 医療経営士1級認定試験合格 介護福祉経営士1級合格 月に1回程度、病院・介護施設の見学体験を行っている 一般急性期病院の他訪問看護・訪問介護も 医療制度、診療介護報酬の情報提供を主な業務として行っている 長ゼミを開講し、医療介護経営をテーマにプレゼン・論文の書き方を院生と議論している 医療経営最新情報を提供するメルマガ月2回発行しており、病院関係者から好評を得ている Facebook、Twitterも随時更新している 趣味は海外病院視察 訪問国は、米国、韓国、インドネシア・インド・シンガポールなど

概要:
30年同時改定の病院へのインパクトの予測と対応策を介護報酬改定の方向性も把握しながら解説 地域包括ケアシステムが加速する中で病院が各機能をどう果たし生き残っていくか?プロセスやアウトカムにいかに重点が置かれているか 点数・改定に左右されない磐石な病棟運営が可能にするための先進施設の最新事例も多く紹介

セミナー詳細:
1.地域医療連携推進法人の実践事例
(1)地域中核病院中心型 山形県酒田市 日本海総合病院
(2)大学病院中心型 愛知県豊明市 藤田保健衛生大病院
(3)離島一体型 鹿児島県奄美大島

2.人材不足解消事例 ストラクチャー評価
(1)高校生への社会保障教育 東京都足立区
(2)外国人技能実習制度 中国(南京)、ミャンマー(ヤンゴン)
(3)元気高齢者 三重県津市

3.患者視点の医療介護事例 プロセス評価
(1)施設患者に対するポリファーマシー 首都圏
(2)排尿排便リハビリ 徳島県徳島市
(3)かかりつけ薬局の健康サポート 東京都港区
(4)介護保険外収入 静岡県焼津市

4.患者視点の医療介護事例 アウトカム評価
(1)退院支援による平均在院日数短縮 佐賀県鹿島市
(2)口腔ケア+嚥下訓練による在宅復帰率向上 北海道夕張市
(3)栄養管理+減薬による要介護度改善 首都圏

5.30年同時改定重要論点と病院経営戦略
(1)2025年改革シナリオと30年改定の位置づけ・中医協、介護給付費分科会の議論の最新動向
(2)7対1要件の厳格化・リハビリの包括化・地域包括ケア病棟(病床)の要件変更
(3)退院支援と在宅医療推進と医療介護連携・その他改定に関すること

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください

サービス詳細URL:https://www.seminar-info.jp/entry/seminars/view/1/3654

▼問い合わせ先

株式会社セミナーインフォ

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F

TEL:03-3239-6544

http://www.seminar-info.jp/

株式会社セミナーインフォのプレスリリース一覧